眼精疲労とは?

眼精疲労

 

目が疲れたり、目が痛くなったりすることは、誰でも経験したことがあると思います。

 

たいていそのような時は、しばらくすると忘れています。

 

ところが、時にその症状が長く続いたり、体に影響を及ぼしたりする場合もあります。

 

このような状態を、医学的に「眼精疲労」と呼んでおり、「眼疲労」という生理的な目の疲れと区別しています。

 

眼精疲労は、仕事や生活の環境を変えるなど、何らかの対処をしなければ治りません。

 

いつまでも辛い症状が続いて、さらにその症状が悪化することもあります。また、体や目に病気を抱えている場合も考えられます。

 

そのため、単なる目の疲れだから・・・と軽視せずに、すぐに診察を受けて対処しましょう。

 

眼疲労の中で、眼精疲労として治療が必要な場合は、日常生活に支障が出てしまう場合、体に影響が現れる場合、体・目の病気や精神的ストレスによって眼疲労が起きている場合です。

 

主な眼精疲労の症状は、目が疲れてぼやけたりかすんだりする、目が痛かったり充血したりする、涙が出るなどの目に現れる症状と、頭痛やめまい、吐き気などの体に現れる症状です。

 

眼精疲労によって、体に異常が出る原因は、まだはっきりとはわかっていませんが、目が見にくくなって無理に見ようとするために、肩こりなどを起こす要因となると考えられます。

 

また、視力の低下によって、目を凝らして見るようになり、緊張状態が連続するため、頭痛、吐き気、倦怠感、めまいを起こすことも考えられます。

 

さらに、精神的なストレスから、目と体に不調が現れている可能性もあります。

眼精疲労の原因

眼精疲労の原因

 

眼精疲労を抱えている人は、検査をすると目の病気が見つかることがあります。

 

近視や乱視、老眼が進行すると、眼球の内側では、ピントをなんとか網膜に合わせようとし、水晶体の厚さをコントロールする筋肉は緊張した状態になります。

 

そして、視力が実際に低下すると、目を凝らして見たり、前に首を出した姿勢になり、結果的に、目が疲れたり肩や首筋が凝ったりするのです。

 

また、眼鏡やコンタクトレンズが目に合っていないことで、眼精疲労となることもあります。

 

これらを使用する場合は、眼科で検査を受けてから、最適なものを処方してもらう必要があります。

 

「ドライアイ」は、眼球の表面にある角膜や結膜が乾燥して起こる病気です。

 

パソコンなどを長時間作業することで起こる「VDT症候群」など、目を極端に使う人がなりやすく、眼精疲労をしばしば伴うこともあります。

 

「緑内障」は、視神経の障害によって視野が狭くなる病気です。

 

治療をしっかりとしないでいると、失明してしまう場合もあります。

 

緑内障にかかる多くの人は眼圧が高く、頭痛を伴いやすくなります。

 

「白内障」は、水晶体が白濁する病気です。

 

視力の低下やまぶしく感じることで、眼精疲労を起こす原因にもなります。

 

この病気は手術で治療できますが、術後に見え方が少し変わるため、眼精疲労を引き起こす場合もあります。

 

「斜視」は、両方の目で視線が一致しないで、左右で違う方角を向いてしまうことです。

 

「斜位」は、視線は一致しますが、暗闇など視線を合わすものがない時に、視線の方向が左右別々に向いてしまうことです。

 

何かを見る時に、視線を左右合わせようと強いられるので、どちらも眼精疲労を起こします。

 

「眼瞼下垂」は、まぶたが垂れ下がる病気です。視野の上方が見にくくなるので、無理な姿勢でものを見るようになり、眼精疲労を引き起こします。

眼精疲労の対策

眼精疲労の対策

 

眼精疲労の対策で大切なことは、まず眼精疲労の原因となっている病気がないかをチェックすることです。

 

病院でさまざまな検査を受けて、何か病気が見つかったらその治療をします。

 

原因がはっきりとわからなかった場合にも、細胞の新陳代謝をサポートする「ビタミンB製剤」の点眼によって、症状が緩和させることもあります。

 

眼鏡やコンタクトレンズを使っている人は、それらがちゃんと目に合っているかをチェックすることも大切です。

 

できれば、眼鏡をいくつか持って、使用する状況によって使い分けて、目に負担をかけないようにすると良いでしょう。

 

パソコンをよく使用する人は、作業しているときの照明の明るさやパソコンの位置、自分の姿勢をチェックしましょう。

 

パソコンを使うときは、休憩をこまめにとり、目も休めてあげましょう。

 

軽く体操をするのも大事です。また、部屋が乾燥していたり、目に空調の風が当たったりすることで、「ドライアイ」を起こします。

 

さらに、周囲の人が吐いたタバコの煙も眼精疲労の原因になります。

 

これらが原因の場合は、職場に相談しましょう。

 

十分に睡眠をとることも大切です。

 

寝不足になると、目を長い時間使う一方で、休める時間は短くなるため、当然目が疲れた状態になります。

 

好きな趣味をしたり、スポーツや散歩したりして、ストレスを解消することも対策の1つです。

 

ただし、いくつものストレスが重なったり、長期間ストレスが続いたりすると、解消する気にもならなくなってしまうことがあります。

 

そのような場合は、医師に相談して、適切な治療やケアを受けましょう。