授業中や仕事中に即効で眼精疲労をスッキリさせる対策方法

眼精疲労 対策

 

授業中や仕事中に、即効で眼精疲労の対策をするならツボ押しが最適です。

 

顔には、目の疲れにアプローチするツボがたくさんありますが、その中でももっとも効果的なのがこめかみです。

 

こめかみの凹んだ部分がツボなので、ゆっくりと息を吐きながら、指で気持ち良いと感じる程度の強さで押しましょう。

 

また、眉頭の下の凹んだ部分にあるツボも、眼精疲労の対策に効果があります。

 

親指をツボにおいて、眼を閉じたまま軽くプッシュを繰り返すと目の疲れが取れます。

 

もし余裕があれば、10本の指を均等に生え際において、指先に力を込めながら髪をかきあげるように頭皮をマッサージするのもおすすめです。

 

頭の血行が良くなると、眼の周りの血行も良くなって凝りをほぐすことができます。

メガネが原因で眼精疲労?メガネ使用者必見の対策術とは?

眼精疲労 対策 メガネ

 

眼精疲労は、メガネが原因で起こることもあります。

 

視力をサポートして眼の負担を軽減するのがメガネの役割ですが、遠くを見ることもあれば、手元の本やパソコンなど近いところを見ることもあります。

 

常にメガネをかけていると、例え普通にピント調整が出来る距離のものを見る場合でも、メガネの度数のせいで目はうまく距離を捉えられません。

 

結果的に、眼はピントを合わせるために余計に働かなくてはいけなくなり、負担が大きくなるのです。

 

ですのでメガネを使っている方は、出来るだけ対象物に合わせてメガネをかけたり外したり対策をしましょう。

 

特に遠くを見ることがないときにはメガネを外す、運転など遠くを見る必要があるときにはメガネをするというように、シチュエーションによってメガネを使い分ければ、眼への負担が軽減されるので眼精疲労の対策や解消につながります。

すぐ手に入るグッズで眼精疲労対策をするワザを紹介

眼精疲労 対策 グッズ

 

眼精疲労対策ですぐ手に入るグッズと言えば、眼を温めてくれるアイマスクです。

 

眼の周りを温めると、血行が促進されて筋肉もほぐれるので、手軽に眼精疲労を改善できます。

 

眼を温めるアイマスクは、使い捨てタイプやレンジで温めて繰り返し使えるタイプなどいろいろな種類があります。

 

使い捨てタイプなら仕事の休憩時間でも手軽に使えますし、繰り返し使えるタイプはコスパが良いというメリットがあるので、どちらもおすすめです。

 

もし、パソコンなどブルーライトを浴びることが多いという場合は、ブルーライトをカットしてくれるメガネを使って対策しましょう。

 

ブルーライトは目に見えないので、いくら眼精疲労の原因と言われても対策を行っていない人が多いです。

 

ですがパソコン用メガネを使うと驚くほど目の疲れが軽減されますし、度を入れる必要がないのですぐに購入できるのでおすすめです。

眼精疲労の対策に効く食べ物は?効果的な食事の仕方も解説

眼精疲労 対策 食べ物

 

眼精疲労の対策に効く食べ物は、豚肉やレバー、いわしやさんま、納豆や豆腐などの大豆食品です。

 

これらの食べ物にはビタミンB群がたくさん含まれています。

 

ビタミンB2はピントを調節する機能をサポートしてくれますし、ビタミンB12細胞の再生を促進したり、視神経の機能を保つ働きがあります。

 

このように、ビタミンB群は眼の機能や組織に働いてくれるので、眼精疲労対策に必須の栄養素と言えます。

 

ただし効果的な食事の仕方は、いろいろな栄養素をバランスよく摂取することです。

 

もちろん、豚肉やさんま、いわしなどを主菜にして、副菜に大豆食品を取り入れるのは理想的です。

 

ですが、ビタミンAは粘膜を強化したり、涙の分泌量を増やしてくれますし、ビタミンCは視力低下や白内障、老眼などを防ぐ効果が期待できます。

 

ですのでこれらの栄養素を豊富に含むほうれん草やモロヘイヤ、かぼちゃ、ブロッコリーなどの野菜も一緒に摂るようにしましょう。

疲れ目対策に目薬が便利!眼精疲労用の目薬の選び方と使い方

眼精疲労 対策 目薬

 

眼精疲労用の目薬の選び方のポイントは、症状に合わせて選ぶということです。

 

眼精疲労の症状は、ドライアイや充血、疲れ目などがあるので、自分の症状のあったものを選びましょう。

 

ドライアイの場合は涙成分の分泌量が減少しているので、眼の表面が乾燥しています。

 

乾燥すると角膜がダメージを受けてしまうため、角膜を保護するコンドロイチン硫酸ナトリウムが配合されているものを選ぶといいですね。

 

充血は、眼のダメージを回復させるために血管が拡張することで発症します。

 

これには、血管を収縮するナファゾリン塩酸塩が入っているものがおすすめです。

 

眼がしょぼしょぼしたり、目の奥が痛い眼精疲労は、水晶体など眼の調節機能が衰えています。

 

これを回復させるには、ピント機能をサポートするメチル硫酸ネオスチグミンという成分が使われている目薬を選びましょう。

眼精疲労対策をする時に参考になるサプリの種類と成分情報

眼精疲労 対策 サプリ

 

眼精疲労対策のためのサプリの種類は、大きく分けると顆粒タイプ、ドリンクタイプ、カプセルタイプの3種類になります。

 

種類が違うとどれを選べばいいか迷ってしまいますが、顆粒タイプは加工工程が少ない、ドリンクタイプは吸収が早い、カプセルタイプは成分の含有量が高いなどそれぞれにメリットがあります。

 

ですので、自分のニーズに合ったものを選ぶといいですね。

 

成分に関しては、一般的にはルテインかアントシアニンが主流になっています。

 

ルテインは眼の日焼け止めとも言われるぐらい抗酸化作用が高く、網膜など大事な組織を守る効果に優れています。

 

アントシアニンは、目の疲れを改善したり、ピント調節機能を持つ水晶体や毛様体筋を活性酸素のダメージから守ってくれます。

 

どちらも眼精疲労対策には欠かせないので、これらの成分が入っているものを選びましょう。

眼精疲労にはマッサージで対策!自宅でできる簡単な方法は?

眼精疲労 対策 マッサージ

 

自宅で簡単にできる眼精疲労対策のマッサージは、眼の周辺の血行やリンパ液の流れを促進することです。

 

目頭に薬指をおいたら、眼の上側の眼球の丸みに沿ってこめかみまで流し、5秒ほどこめかみを押します。

 

そして、こめかみから眼の下を通って目頭まで流すというマッサージをゆっくり行いましょう。

 

眼の周りはデリケートなので、皮膚や神経を痛めないように力を入れすぎないことが大切です。

 

もし、目の奥に疲れを感じるのであれば眼球マッサージがおすすめです。

 

眼を閉じてリラックスした状態で眼球を上下左右に動かすと、目の奥の毛様体筋が柔らかくなるので間接的なマッサージ効果が得られます。

 

どちらのマッサージも、疲れを感じたら行うようにすると眼精疲労の悪化を防ぐ効果が期待できます。

ディスプレイのせいで眼精疲労?パソコンユーザーの対策術

眼精疲労 対策 パソコン

 

パソコンユーザーの眼精疲労対策で、すぐに始められるのが正しい姿勢を保つことです。

 

ディスプレイを見ていると、どうしても前かがみになって画面に顔を近づけてしまうので、眼への負担が大きくなります。

 

これを防ぐためにも、背筋はまっすぐ画面から30cmは顔を離すことを意識しましょう。

 

長時間使用するという方は、ディスプレイから発生するブルーライトをカットしてくれるパソコン用のメガネを使うのが有効です。

 

ただし、正しい姿勢でもパソコン用のメガネをしていても、ずっとディスプレイを見続けるのは目を酷使します。

 

ですので、1時間に1回は画面から眼を離し、眼を数分間つぶったり遠くを見てピント調整機能を休ませたり、眼の周りをマッサージして疲れを取り除いてあげましょう。

その眼精疲労はvdt症候群かも?症状の説明と対策法を検証

vdt 眼精疲労 対策

 

vdt症候群は目の疲れだけではなく、眼の乾きや充血、目の周りが痙攣する、目がかすむなどの症状も起こります。

 

こういった症状が出ても放っておくと、眼の乾きからドライアイが起こったり、かすみ目が進行して視力の低下が引き起こされます。

 

また、肩こりや頭痛、手や腕の痺れなどの症状もあり、こういった身体症状のせいでストレスが溜まってしまい、うつ病やストレス障害が併発することもあります。

 

もっとも有効な対策法は、1時間ごとに休憩をとって目を休めることです。

 

休憩が取れないという場合は、意識して瞬きをしたりディスプレイに眼を近づけすぎないようにしましょう。

 

最近は、眼精疲労やvdt症候群対策のためのサプリメントもあるので、目の疲れに効くルテインやアントシアニンを摂取して、疲れ目を慢性化させないようにするのも効果的です。

子供に教えたいスマホによる眼精疲労を防ぐ対策方法について

スマホ 眼精疲労 対策

 

スマホによる子供の眼精疲労を防ぐには、使用時間をしっかり管理することが一番の対策方法になります。

 

子供の場合、夢中になると目を画面に近づけすぎるため大人よりも目を酷使します。

 

ですので45分使ったら、最低でも15分はスマホを使わせないことを徹底しましょう。

 

また子供は回復力が高いですが、それでもスマホのブルーライトは目へのダメージが大きいので、栄養素の摂取も有効な対策と言えます。

 

ブロッコリーやほうれん草など目の健康を守るルテインを含む緑黄色野菜を意識して食べさせたり、サプリを活用してたっぷり栄養を与えてください。

 

子供は、疲れ目など眼精疲労の症状を自覚したとしても、それが何なのか分からず伝えてこないことが多いです。

 

眼精疲労が進むと、視力が著しく低下して日常生活に支障が出ることもあるので、早めに対策を行いましょう。