ブルーライトで目が疲れる!ルテインが眼を守る効果を検証

ルテイン 効果

 

ブルーライトで目が疲れるのは、波長がとても短いので光が散乱してしまうからです。

 

眼がこの光を受けると、水晶体を通して光が散乱するためにちかちかしたりまぶしさを感じて、ピントを調節の負担が大きくなり眼精疲労が引き起こされるのです。

 

現代人の目の疲れの一番の原因とも言われるブルーライトから眼を守るには、ルテインという成分が効果的です。

 

ルテインの効果は眼球などに存在している成分で、青い光から眼を守る働きをしていて、パソコンなどから発生しているブルーライトを防いでくれます。

 

ただし体内では合成できないため、慢性的にブルーライトを浴びてしまうと大量に消費されて不足し、結果的にブルーライトのダメージが防げずに眼精疲労が起こります。

 

しかし、ルテインを定期的に摂取すればブルーライトのダメージを常にブロックしてくれるので、眼精疲労など極度の目の疲れの改善効果が期待できます。

 

視力回復に効くルテインの摂取量は?目安量と摂るタイミング

ルテイン 摂取量

 

ルテインは目の栄養素の一つですから目が悪くない人にも必要な成分ですが、眼の症状に合わせて摂取することで疲れ目を防ぎ視力回復にも役立ってくれます。

 

基本的な摂取量は6mg、疾患予防には10mg以上の摂取が推奨されているので、視力回復の目的で摂る場合は10mg以上が目安量になります。

 

ルテインの吸収率を高めるには脂質のサポートが必要ですから、摂るタイミングは食事中もしくは食後がおすすめです。

 

ただしルテインの含有量が多い食材であっても目安量を摂るのは大変なので、十分な量のルテインを取り入れるには、食べ物よりサプリメントが良いでしょう。

 

サプリメントであっても脂質と一緒に摂った方が良いので、1日に10mg以上ルテインが摂取できるサプリメントを食事中に飲むのがベストタイミングと言えます。

 

純粋なルテインは副作用の危険性はありませんから、目安量も大事ですが、できるだけたくさん取り入れるように心がけましょう。

ルテインを摂りすぎても大丈夫?知っておきたい副作用

ルテイン 副作用

 

ルテインは目の疲れの改善などに効果的な成分ですが、適切な摂取量というものがあり過剰に取り入れるのはよくありません。

 

いたずらに摂取しすぎると、体に必要な栄養素であっても副作用が起こることもあり、ルテインも例外ではないのです。

 

ルテインは色素であるカロテノイドの一種で、優れた抗酸化作用があり、眼の健康を守ってくれる大切な栄養素です。

 

しかし、摂りすぎると眼の腫れやかゆみという副作用が起こることがあります。

 

人によっては、喘息が発症したり胸焼けが起こったり、喫煙者が過剰摂取すると肺がんになるリスクが高まるとも言われています。

 

ただし、こういった副作用を起こすのは化学合成されたルテインです。

 

天然由来の原料から抽出されて化学合成していないルテインなら副作用のリスクはないので、サプリメントを取り入れる場合は人工生成されたルテインを選ばないようにしましょう。

ルテインは緑内障や白内障の症状を改善出来るのか情報まとめ

ルテイン 緑内障

 

ルテインの効果にはブルーライトのダメージから目を守ってくれます。しかし緑内障や白内障の症状を改善できると言い切ることはできません。

 

緑内障は、眼圧が強くなりすぎて視神経が圧迫され、脳への情報が正確に伝わらなくなり、視野が狭くなる症状が起こります。

 

白内障というのは、水晶体を構成するタンパク質が変性し、白く濁って視界を邪魔するというのが主な症状です。

 

どちらの病気も初期段階で気が付ければ良いのですが、残念ながら気がついたときにはかなり症状が進行していることが多いです。

 

ですが、普段からルテインを十分に摂取していれば、光のダメージから目を守ることができます。

 

緑内障や白内障の原因は光のダメージだけではありませんから、積極的な効果があるとは言えないものの、症状を改善効果は期待出来ると言っていいでしょう。

飛蚊症にルテインが効くの?飛蚊症の原因と改善方法について

ルテイン 飛蚊症

 

飛蚊症というのは、本来ならそこにはいない蚊や虫のようなものがちらちらと見えてしまう症状で、ルテインを摂ると改善効果が期待できると言われています。

 

飛蚊症の原因は、加齢によって硝子体が剥離したり、網膜に穴が開いたり剥がれたりすることが挙げられます。

 

しかし現代人の場合は眼精疲労によって眼の機能に異常が起こることが原因と言われています。

 

原因によって改善方法は異なり、硝子体や網膜のトラブルであればレーザーを使った治療が必要です。

 

眼精疲労が要因の場合は、ダメージを軽減して眼の機能を回復させることで改善できると言われています。

 

ルテインにはブルーライトなどダメージが大きい青い光から目を守る効果があり、摂取することで飛蚊症を改善できる可能性もあります。

 

ただし、眼の組織に原因がある場合はルテインでは治りませんし、症状にあったケアが必要なので眼科を受診しましょう。

ルテインを多く含んでいる食べ物とおすすめレシピとは?

ルテイン 食べ物

 

ルテインは食べ物の色素なので、ほとんどの食材に含まれていますが、その中でも特に多く含んでいるのは緑黄色野菜です。

 

緑黄色野菜と言えば、緑や赤、オレンジなどどれでも色が濃いのが特徴ですね。

 

さらに絞り込むと、もっともルテインを多く含むのは青汁の原料になるケールで、その後にほうれん草やブロッコリー、パセリ、ニンジンなどが続きます。

 

ケールは入手が難しいですが、それ以外の緑黄色野菜は1年を通して販売されているので、意識して摂取しましょう。

 

料理に取り入れるときは脂質と一緒に摂るとルテインの吸収率が高まり効果が増します。

 

ですので、ほうれん草のベーコン炒めやブロッコリーのマヨネーズがけ、ニンジンと卵を鶏ガラスープの素で炒めるなどのレシピがおすすめです。

 

いろいろ作るのが面倒という場合は、鳥のもも肉を使ってニンジンやほうれん草、ブロッコリーなどを入れたシチューにするといいですね。

視力回復に効果的なルテインを含む野菜とおいしい食べ方

ルテイン 野菜

 

ルテインは、有害な光から目を守って眼精疲労や視力低下を防ぎ、回復させる効果が期待できる成分です。

 

視力回復に効果的なルテインをたっぷり含む野菜は緑黄色野菜です。

 

その中でも特にルテインの含有量が多い野菜はニンジンやほうれん草、かぼちゃ、パセリなどが挙げられますが、ちょっとクセがあったり、調理が面倒だったりします。

 

レタスやキャベツならそのまま食べられるので手軽ですが、ルテインを含む野菜はひと手間加えないと食べられない種類が多いです。

 

そんな野菜をおいしく食べるには、ただ焼いたり炒めたりして塩やハーブソルトで味付けするのがおすすめです。

 

シンプルな味付けは素材の旨みを引き出してくれるので、苦味やクセが美味しく感じられるようになります。

 

また焼くという調理法は栄養を逃さず、おいしくルテインをたっぷり摂れるので、まずは1日1食分からでも取り入れてみてください。

眼に効くルテインとブルーベリーそれぞれの特徴と効能を分析

ルテイン ブルーベリー

 

目の疲れの改善や視力回復の効果が期待できる成分と言えば、ルテインとブルーベリーが有名ですが働きはまったく違います。

 

ルテインは黄斑部や水晶体など眼の網膜の一部に存在していて、眼の細胞にダメージを与えるブルーライトから保護するという特徴があります。

 

また、抗酸化作用に優れていて、眼に発生する活性酸素を取り除く働きがあるので、眼の疾患を予防する効能があると言われています。

 

一方ブルーベリーにはアントシアニンという有効成分が含まれている特徴を持っています。

 

網膜にはロドプシンという成分が存在していて、光の刺激で一度分解されてまた合成されることで脳に刺激が伝わり物を認識できます。

 

アントシアニンはロドプシンの再合成を促す働きがあるので、視力を回復させる効果に優れています。

 

また、血行を促す効能によって毛細血管を強化し、網膜に栄養を行き渡らせることで機能の回復にも一役かってくれます。

ルテインとゼアキサンチンの仕組みの違いと視力との関係は?

ルテイン ゼアキサンチン

 

アイケアサプリメントなどにセットで配合されることが多いルテインとゼアキサンチンは、同じ分子式を持っています。

 

ただし、化学構造に違いがある構造性異体なので、眼へのアプローチは異なります。

 

ルテインは体内でルテインとゼアキサンチンに分けられますが、ルテインは黄斑と水晶体に存在し、ゼアキサンチンは黄斑に多く存在して網膜を守っています。

 

つまり化学構造によって仕組みは異なるものの、どちらも網膜をダメージから守るという働きは同じと言えます。

 

視力を正常に保つ水晶体や黄斑をダメージから守れば視力の低下を防げますし、眼精疲労などの症状も緩和されます。

 

また、10mgのルテインに対しゼアキサンチンを2mg取り入れると、黄斑変性症のリスクを半減させることができると言われています。

 

ルテインを摂るだけでもゼアキサンチンは作られますが、さらに意識して取り入れると眼病予防の効果も期待できるのですね。

口コミから知るルテインサプリの種類と上手な選び方とは?

ルテイン サプリ

 

口コミで見てみると、ルテインサプリの種類は天然由来のルテインと化学合成されたルテインが配合されているものの2つに分けられます。

 

どちらが良いかと言えば、当然ですが天然由来のルテインを使っているサプリメントですね。

 

ただし、天然由来のルテインサプリであっても油断してはいけません。

 

サプリメントで大事なのは成分の含有量ですから、単にルテイン配合というだけではなく、必ず含有量が明記されているものを選びましょう。

 

眼病予防や視力回復のためには30mgから40mg程度取り入れるのが望ましいので、摂取量をチェックするのを忘れないでください。

 

その上で口コミ評価が高いもの、効果を実感している人が多いものを選ぶのが上手な選び方です。