視力低下の原因となる生活習慣とは?視力低下のメカニズム

視力低下 原因

 

視力低下の一番の原因は生活習慣にあります。

 

その中でももっとも大きなウエイトを占めるのが、パソコンやスマホ、ゲームなどで目を酷使することです。

 

普通に物を見るだけでは、それほど疲れませんが、小さい文字や絵、そしてブルーライトを浴び続けると疲労やダメージで毛様体筋などの筋肉が硬くなるのが原因です。

 

視力に関わる筋肉が硬くなると、ピントを調節する機能が低下するため視力も低下していきます。

 

視力低下の原因は、他にも暗いところでテレビを観る、寝転んで本を読むなどが挙げられます。

 

意外なことでは、心因性視力障害と言ってストレスにより視力低下が引き起こされることもあります。

 

視力は一度低下すると回復させることが難しく、また視力低下の原因となる生活習慣を改めないとどんどん目が悪くなるので注意しなくてはいけません。

偏頭痛の理由は視力低下?視力低下がもたらす影響まとめ

視力低下 頭痛

 

視力低下は、文字通り目が悪くなるという症状ですが、これに伴い頭痛が起こることがあります。

 

視力低下が原因で起こる頭痛は偏頭痛とも言われるもので、目の奥から頭にかけてズキズキと痛みが起こるのが特徴です。

 

目が悪くなるということは物を見る力が弱まることですから、普通の生活をしているだけでも目が疲れてしまいます。

 

目が疲れると、目の周りの血流が悪くなってしまい、脳への血液も不足しがちになります。

 

血液は栄養だけではなく酸素も運ぶ役割を持っているため、血流が悪くなると脳の酸素濃度が下がり頭痛が引き起こされるのです。

 

また、栄養不足が原因で、脳の働きが弱まってホルモンの分泌量が減少してしまい、睡眠障害や体調不良なども起こりやすくなります。

片目だけ視力低下する事はある?片目の視力が落ちる原因

視力低下 片目

 

視力低下は両目に起こるイメージがありますが、片目だけに起こることもあります。

 

片目の視力が落ちるのは、焦点となるものに対しての両目の距離が違っているのが主な原因です。

 

例えば、横向きで寝転がってスマホを見ると、片方の目はスマホに近くなり、片方は遠くなります。

 

僅かな距離の差であっても目にかかる負担が異なるので、負担が大きい方の目は視力が低下してしまいます。

 

スマホだけではなく、テレビや本など正しい姿勢で見る必要がないものはたくさんあるので、片目だけの視力低下の多くは姿勢の悪さにあると言えるでしょう。

 

ただし、視力低下だけではなく違和感がある場合は病気が原因の可能性もありますし、幼児であればストレスも原因となります。

 

ですので姿勢が良いのに片目だけ視力低下したという方は、念のため病院で診てもらいましょう。

急に視力が下がると失明する?視力低下の原因と対策とは?

視力低下 失明

 

視力低下の原因によってはいきなり下がってしまうこともあり、急激な変化があると失明するのではと不安になるかもしれませんね。

 

ですが例え急な視力低下であっても、病気じゃない限り失明することはありません。

 

現代人の視力低下の主な原因はパソコンやスマホです。

 

仕事でパソコンを使い、移動ではスマホをいじり、帰ってからもテレビを観ながらスマホやパソコンを操作するという方も多いでしょう。

 

昔と違い、今はスクリーンを見る時間が飛躍的に増えていて目を休める時間が少ないため、その負担が急な視力低下の原因につながっています。

 

視力低下の対策は、パソコンやスマホを見る時間を減らすこと、マッサージや蒸しタオルで血行を促進して目の疲れを取ることです。

 

ただし40代以降は目の病気が起こりやすいので、視界にもやがかかったり歪んで見えたりするなど、少しでも異常を感じたら眼科で診てもらうのがおすすめです。

スマホを使う時は要注意?普段から出来る視力低下予防術

視力低下 予防

 

視力低下は、焦点を合わせる機能がさらに働くため余計に目が酷使されるのが原因です。

 

すると、もっと視力が悪くなるという悪循環が起こるので、低下させないように普段から予防を心がけなくてはいけません。

 

現代人の視力低下の一番の原因はスマホです。

 

ゲームをしたり小説を読んだり、ニュースチェックなどスマホを使う時間は1日の中で大きなウエイトを占めています。

 

スマホから発生するブルーライトは目にダメージを与えるため、使い方に気をつけなくてはいけません。

 

本来なら使用時間を短くするのが一番の予防術ですが、それが難しい場合は最低でも20cmは離して使うようにしましょう。

 

また、長時間使っているとどうしても至近距離で見てしまうので、30分置きに目をつぶったりマッサージして休ませることを習慣づけてください。

産後に視力は下がる?誰でも使える視力低下の回復法とは?

視力低下 回復

 

出産のときは、ものすごい力でいきむため眼の周りの毛細血管が切れたり、長時間のいきみによって血圧が上がり、眼球が圧迫されて視力が低下することがあります。

 

また、産後育児は睡眠が不足しますし、ゆっくり休む時間がないため疲労が原因で視力低下が起こりやすくなります。

 

このように、産後は視力が下がる原因がいろいろあるので、すぐに回復できるように方法を覚えておきましょう。

 

産後ママでも誰でも使える視力低下の回復法は、視力回復トレーニングです。

 

方法は、できるだけ遠くの建物に焦点を合わせ、次に目の前の物を見るという目のストレッチです。

 

遠くと近くを交互に見ることで眼のストレッチになり、視力を回復させる効果が期待できます。

 

また、休息も必要なのでアイマスクや蒸しタオルを使って疲れをとってあげると、より回復効果が高まります。

視力低下を招くメガネとは?メガネの上手な選び方

視力低下 メガネ

 

眼が悪くなったらメガネを使うのは一般的なことですが、選び方を間違えると視力低下の原因になるので注意しなくてはいけません。

 

選び方のポイントは、初めて購入する場合と買い換える場合で違ってきます。

 

初めてメガネを買うときには、度数が強すぎないものを選びましょう。

 

度数が強ければ視力がアップして物がよく見えますが、そのせいで眼の機能が働かなくなるため、0.7ぐらいの視力になるように調節してください。

 

買い換える場合は、どんなに短いスパンであっても必ず視力検査をしましょう。

 

視力は常に安定しているわけではないので、前にメガネを作ったときと変わっている可能性があります。

 

度があっていないと、眼精疲労などが引き起こされて視力が低下します。

 

このようにメガネが原因で視力低下が起こることがあるので、ポイントを押さえてメガネを選んでください。

眼科医が教える大人と子供の視力低下の治療法について

視力低下 眼科

 

眼科の視力低下の治療法は、大人と子供によって異なります。

 

視力低下の原因は人それぞれ違いますが、子供の場合だと目から受ける刺激が脳に伝わりにくく、視中枢が発達しないことが原因と言われています。

 

そのため、子供の視力低下の治療法は、脳にしっかり刺激が送れるようにメガネを使ったり、アイパッチを利用して行います。

 

ただしこの治療法が有効なのは8歳ぐらいまでで、大人は神経回路が出来上がっているため、視力を回復させるというより現状維持のための治療を行うのが一般的です。

 

大人の視力低下の治療法は、レーザーで角膜を削って屈折を矯正するレーシック手術をしたり、メガネで目の疲労を軽減させるというのが主な治療法になります。

 

最近はレーシック手術も進歩していて、角膜切開幅を縮小して負担を少なくした手術や角膜を強化しながら視力を回復出来る手術もあり、より安全かつ眼に優しく視力を回復できます。

視力低下は老眼のため?老化が視力に及ぼす影響を検証

視力低下 老眼

 

視力低下と老眼は違うもの、と言うイメージがありますが、実は老眼は加齢によって発症する視力低下の原因のひとつです。

 

つまり、視力低下と老眼は同じことなので、加齢とともに視力が低下したらそれは老眼ということになります。

 

眼は、眼球の表面にある角膜と内側にある水晶体が光を取り入れて屈折させること機能します。

 

この働きによって物が見えるのですが、中でも重要な働きをするのが水晶体です。

 

たんぱく質から構成される水晶体は、厚みを自由に変えることで物への距離に応じてピントを合わせています。

 

老化が進むと水晶体の弾力が失われるため、厚みをスムーズに変えられなくなりピントも合わせづらくなることで視力が低下します。

 

老眼は、普通の視力低下と違って眼に近い部分が見えなくなる特徴があるので、年齢に関わらず小さい文字が見づらくなったり、手元が見えにくくなったり老眼に気をつけましょう。

眼精疲労で視界がぼやけるの?疲労と視力低下の関係を分析

視力低下 眼精疲労

 

眼精疲労はよく耳にする目の疲れの症状ですが、単に疲れるだけではなくぼやけることもあります。

 

眼は、レンズの役割をする水晶体で物を認識しますが、水晶体は毛様筋によって支えられています。

 

遠くのものや近くのものを見るときは水晶体の厚みが変化しますが、この変化は毛様筋の収縮によるものです。

 

極度の目の疲れである眼精疲労になると、毛様筋が硬くなってしまうため、水晶体がスムーズに変化しなくなります。

 

すると、焦点が合わせづらくなるのでぼやけたり霞んだりという症状が起こるのですね。

 

また焦点が合わないと、目は一生懸命ものを見ようとするのでさらに眼精疲労が悪化します。

 

この悪循環が続くと毛様筋の柔軟性が失われてしまい、自力で焦点を合わせることができなくなり視力低下が引き起こされてしまうのです。